So-net無料ブログ作成
検索選択

ビール類値上げ【定価が上がった訳ではないが実質値上げの不可解】 [ニュース]

20151121_446.JPG


6月1日より、ビール類(発泡酒・第3ビール含む)が値上げされます。

需要が伸びる時期の値上げにしては、ニュース報道が少なかったですね。

その背景には、ちょっと難解な値上げ理由があるからなんです。


今回の値上げは『定価がxx円あがります』と言ったものでは無く

メーカーが小売業者に支払う、販売奨励金(いわゆるリベート)を

実質的に抑制するものです。


酒税法が改訂されただけで、メーカーが値上げしたのでは無いのです。

増税とも違うようなので、値上げロジックの詳細は素人には分かりません。


大手小売店は集客のために、ビール類を大幅に値下げして売っています。

極端に言えば、ビールを赤字になるような価格で大量に販売して

その後メーカーから貰う『販売奨励金』で収支を取っています。


今回は、大量販売できない小規模な販売店を守ることを名分とした改訂ですが

ビールの値段が大差なくなっただけで、個人商店の酒屋さんが繁盛するか?

とてもそうとは思えませんね、問題が別です。


増税でも無く、メーカーの値上げ出も無く、消費者は困る

町の小さな酒屋さんにも大した恩恵は無い?

だとしたら、誰のための改訂でしょうか、疑問だらけです。

nice!(0) 

nice! 0