So-net無料ブログ作成

塩分摂取【手軽でお気に入りの昼食は減塩の大敵だった】 [健康]

20151121_447.JPG


自宅で1人で済ます昼食は、写真のようなインスタント系が大半です。

手軽だし、安いし、飽きの来ない美味しさが好きですね。

ところが、日本人の塩分摂取で、一番量が多いのが『カップラーメン』

との調査結果が出ているんです。


厚生労働省の基準地では、一日に摂取する塩分を男性は9.0g

女性は8.0g未満を推奨値としていますが、カップ麺には

6~7gの塩分が含まれていますので、1個食べただけでもう70%くらい

摂ってしまった事になります(スープを全部飲んだ場合)


袋めんでも4.5g、レトルトカレーが5.8g、ざるそばの麺つゆは4~5gと

いずれも1食で基準の半分以上を占めています。


WHOの基準値になると、一日5グラム未満まで下がり、米国では高血圧患者に対して

目標を3g台とするなど、世界の基準はもっと少ないです。


では、実際にはどれくらい摂取しているかといえば、2016年の調査で

男性11.3g、女性は9.6gと、やはり摂り過ぎの実態が出ています。

当面の対応としては、どの食品にどれくらいの量が含まれているかを正しく知り

食事をするたびに頭の中で『塩分カウント』をするのがお奨めでしょう。


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。