So-net無料ブログ作成
検索選択

食中毒【原因は市が購入した『刻みのり』給食業者は営業中止撤回を求め提訴】 [ニュース]

20151121_456.JPG


やや難解なニュースですがが、御坊市で発生した給食の集団食中毒事件で

調理と配送を担当した業者が、発生直後の営業停止命令の撤回を求め

和歌山地裁に提訴したとの報道がありました。

⇒産経新聞の記事はコチラ


これだけの話だと、大規模な食中毒が発生したのだから営業停止は当然で

業者は何を考えて撤回を求めているか、さっぱり分からないと思いますが

その後の調べて食中毒の原因は、市側が用意した『刻みのり』だと判明し

調理と配送を担当していた業者には、責任が無い事が分かりました。


営業停止期間はとっくに終わっているので、業者としては名誉の回復と

今後の入札に不利にならないしょうにとの判断があったようです。

これに対して行政側は、発生直後の営業停止は、被害拡大を阻止するうえで

当然の処置であったと主張し、業者と争う構えです。


両者に言い分をどう見るか、父さんもさすがに考え込みましたね。

『営業停止を受けた給食業者』との実績が残ることは、無実の企業にとって

この上ない不名誉で、かつ営業的に大きな不利益を被ることになります。


一方で、集団食中毒が発生した以上、即時に営業を停止して被害を最小限に抑える

これも行政の鉄則であり、その判断に異論の余地は無いと思われます。

後になって撤回しろと言われても、そりゃ困るのも理解できますね。


そこで父さんが裁判官なら、行政が出した営業停止そのものは撤回しないけど

給食業者が入札時などで提示する営業履歴から、今回の停止実績を削除します。

つまり、企業の名誉を回復し、将来の不利益にならない状態を確保しつつ

行政が出した『停止命令』は妥当であったとする判決です。


こんな内容が法律学的に可能かどうかは分かりませんが

どちらの顔も立てないと、この問題は解決しないと考えます。

まあ、興味の無い人にはどうでもいい話題でした。

nice!(0) 

nice! 0