So-net無料ブログ作成

網膜剥離【手術後18ヶ月検診は異常無しでも視力は回復せず】 [健康]

20151121_449.JPG


一昨年の秋に、網膜剥離の手術を受けたのですが

その術後18ヶ月目の、定期検診が無事に終わりました。

半年後、つまり2年後検診で以上jがなければ、執刀病院として

治療を完了し、以降は地元のかかりつけ医院の預かりとなります。


剥離が無事に回復しているのは、本当に嬉しい事ですが

0.3ほど落ちた視力と、視界にゴミが浮いたように見える蚊文症は

この先も回復したいとの見込みです。


まあ、放置すれば失明の可能性もあったので、それくらいの代償は

仕方が無いと考えるのが、前向きな生き方だと自分に言い聞かせています。

これから先、先端医療の進歩で、治る技術が生まれる事を祈ってます。

nice!(0) 

塩分摂取【手軽でお気に入りの昼食は減塩の大敵だった】 [健康]

20151121_447.JPG


自宅で1人で済ます昼食は、写真のようなインスタント系が大半です。

手軽だし、安いし、飽きの来ない美味しさが好きですね。

ところが、日本人の塩分摂取で、一番量が多いのが『カップラーメン』

との調査結果が出ているんです。


厚生労働省の基準地では、一日に摂取する塩分を男性は9.0g

女性は8.0g未満を推奨値としていますが、カップ麺には

6~7gの塩分が含まれていますので、1個食べただけでもう70%くらい

摂ってしまった事になります(スープを全部飲んだ場合)


袋めんでも4.5g、レトルトカレーが5.8g、ざるそばの麺つゆは4~5gと

いずれも1食で基準の半分以上を占めています。


WHOの基準値になると、一日5グラム未満まで下がり、米国では高血圧患者に対して

目標を3g台とするなど、世界の基準はもっと少ないです。


では、実際にはどれくらい摂取しているかといえば、2016年の調査で

男性11.3g、女性は9.6gと、やはり摂り過ぎの実態が出ています。

当面の対応としては、どの食品にどれくらいの量が含まれているかを正しく知り

食事をするたびに頭の中で『塩分カウント』をするのがお奨めでしょう。


nice!(0) 

ウォーキング【歩くだけで商品が貰える『コバトンマイレージ』に参加】埼玉県 [健康]

20151121_415.JPG


県の広報誌で見つけた『埼玉県コバトン健康マイレージ』は

埼玉県が支給する歩数計を使い、歩くことでポイントをため

様々な商品が当たる抽選に応募出来る、健康増進キャンペーンです。

さいたま市のご案内はコチラ


キャッチコピー風にすれば、『たくさん歩いて健康になって

ついでの商品が貰えるチャンスです』と言った感じですね

必ず何かが貰えるわけでは無いですが、いつも通りに歩いているだけで

何かが当たる可能性があるので、やってみて何も損の無い話です。


具体的な景品名は未だ紹介されていませんが、地元の名産品や

協賛企業の商品との事で、まあ、ダメ元で参加します。


nice!(0) 

朝食カレー【少しヘビーですが心身ともに目が覚めます】 [健康]

20151121_388.JPG


今日は朝食からカレーで、写真のようなボリュームでした。

昨日の夜、急に『カレーが食べたい』と思って、夜中にゴソゴソと

台所に立って自作しました。

父さん宅では、平日の朝食は5:30~6:00頃に食べ始めます


『早朝からそんなには食べられない』と思う方も少なくないでしょうが

我が家ではよくある話で、前夜の残りモノがある時には

ステーキ肉・かつ丼・まぐろ漬け丼なんかも登場します。


朝食については様々な見解が世に出ていますが、要は本人がそれで良いか

つまり気持ちよく食べられる量と質であれば、メニューやボリュームは

何でもいいような気がします。

溢れるな情報を気にもせず、マイペースで朝ご飯を頂きております。ハイ。


nice!(0) 

花粉症【マスクしてもクシャミが止まらない今期最悪の日でした】 [健康]

20151121_369.JPG


日中の関東地方は暖かく、昼間買い物に出たのですが

屋外にいるタイミングでは、くしゃみと鼻水が止まりません

マスクの効果がほとんど感じられないほど、今日の症状は重かったです


こんな日がしばらく続くと思うと、本当に気が滅入りますね

数日前に記事にした『特効薬』のハーブも効き目が薄く

これから先が恐いです


明日もこのような状態なら、外出時の所持品を追加ですね

・交換用のマスク2~3枚(個別包装してあるタイプ)

・ハーブのスプレー

・高級なチィッシュ(街で配っていような品だと、鼻の下が赤くなる)

・目薬と『目まわり洗浄綿』

大袈裟のようですが、悲惨な目に合わない対策ですよ


nice!(0) 

花粉症の特効薬【聞く人には抜群に効果的なハーブスプレー】 [健康]

20151121_365.JPG


写真は、知人に紹介して貰ったハーブのスプレー瓶で、商品名は

『ナチュラルハーブスプレー レスピレーション 30ml』と言います

このスプレーを、マスクに一吹きかけて着用すると

花粉症の花詰まりが、スッキリと納まってくれるのです


もちろん個人差は物凄くあり、父さんと娘にとっては特効薬ですが

カミサンと息子は、全く効かないのですね

さらに職場の後輩の1人は、このハーブの匂いに接すると

涙が出てきて止まらなくなるそうで、マスクの父さんには近づきません


今までの経験則では、全体の2~3割の人に有効かと思われますので

お試しの場合には、その辺の確率を承知でトライしてみてください

ちなみにアマゾンでは、¥1,620(送料無料)で販売しています

この季節、父さんは手放せないスプレーです(後輩君、ゴメンなさいね)


nice!(0) 

インフルエンザ【遂に仕事場で大流行!感染すると1週間の出勤停止です】 [健康]

20151121_353.JPG


父さんがよく通う職場で、今週からインフルエンザが猛威です

勿論以前から世間並みに流行していましたが、今回は同じエリアで

もう3名がダウンし、父さんチームも人出不足です


仕事場を管理する組織のルールで、インフルエンザと診断されたら

問答無用で1週間の出勤停止となるので、年度末で忙しくなっている時期に

これ以上の患者が出ると、業務に大きなダメージとなりますね

そして今日から、フロア全体に『マスク着用命令』が出されて

チーム全員が付けて仕事をしています


父さんは予防接種を受けていなかったので、一段と注意が必要ですね

やはり手洗いとうがいの励行と、こまめな水分補給が効果的です

長時間水分を取らないと、口の中でウイルスが増殖するそうで

そうなる前に少しでも水分を摂れば、そのリスクを低減できるそうです


総論的にまとめると、生活に隙を作らないのが一番だと思います

物理的なだらしなさや、緊張感の無い振る舞いを重ねていると

あっと言う間に餌食になりますので、お気をつけてお過ごしくださいね


nice!(0) 

タニタの歩数計【1日の行動実績が時系列で分かります】 [健康]

20151121_349.JPG


写真は体脂肪計などのお馴染み『タニタ』の歩数計です

『万歩計』は、『山佐』の登録商標なのは以前のブログで書きましたね

昨日は1万7千歩以上歩いたようですが、最近はこんな日が多いです

勿論、全く外出しない日は1000歩未満なので、月で平均すれば

9,000~10,000歩/日くらいになりそうです


1日どれくらい歩けば良いのかは、諸説あって何とも言えませんが

お奨めするのは『早歩き』で、背筋を伸ばして大股で手を振りながら歩きます

公園でお散歩するような歩き方は、『運動』としての効果が少ないので

人に追い越されないような、シャキシャキとした歩き方が良いんですね

駅では出来るだけ階段を使い、太ももにも負担をかけています


父さんのウォーキング歴は長く、もう20年くらいになるでしょうか・・

それまではゴルフや草野球何かをやっていましたが、やはり1人でいつでも

出来て止められるのが性に合っていますね

お金もかからない、今のところ一番の健康法です


nice!(0) 

花粉症【今日の陽気で予兆が出たので明日からマスク人間になります】 [健康]

20151121_340.JPG


今日は暖かく風も強かったので、花粉と砂ほこりが一気に舞いましたね

夕方には鼻がムズムズで目にも違和感と、イヤな兆しが出てきました

父さんの場合、一定量の花粉を吸い込むと、症状が一気に悪化しますが

その許容範囲に収まれば、比較的楽にシーズンを終えられるんです


今年は少し油断していたので、これから暫くはマスクと仲良しですね

外出から戻ったら、生理食塩水で目を洗うのも効果的です

ついに試練の季節がやってきた感じですが、今週末は寒さが戻るので

カゼ・インフルエンザの備えも怠れませんね


nice!(0) 

検査入院【新人看護婦さんの実験台?冷や汗の連続でした】 [健康]

20151121_237_2.jpg


検査入院で担当してくれた、美人で元気一杯な看護婦さんは

実はまだまだ経験不足の、新人さんレベルだったお話の続きです


点滴の針は幸運にも、一発で痛みも無く入りましたが、次が心配です

カテーテル検査後は、翌朝までベットで安静と決まっていたので

施術前に、尿道に管をいれてトイレに行かなくても済むよな処置をします

父さんは一度も経験していませんが、刺す時は結構痛いと聞いていました


『パンツ脱ぎましたか? では行きますよ!』と、妙に気合の入った合図で

膀胱の中まで、管を押しこむ作業が始まりました

『ハイ、ハイ、ハイ、ギュ!』と、大変分かり易い掛け声が聞こえます

その直後に『あれっ?止まった、えェ~』、『抜きまーす、もう一度』

2度目の『ハイ、ハイ、ハイ、ギュ!』で、一段と痛みが増してきますが

管は途中で止まってしまうようで、『痛いですよね?でも、もう一度やります!』

3度目もダメで、さすがに気落ちしたのか、『ちょっと間をおきますね』と小休止です

『出血はしていないので、場所は間違っていないはずです』と語る彼女の姿は

父さんに対しての言い訳よりも、自分自身に言い聞かせているように見て取れます


ちなみに、膀胱が空だと入り難いものだそうで、トイレを我慢している状態が

一番楽に入ると、後になって知りました(父さんは2時間前に用を足していました)


4度目が始まりましたが、同じ事を繰り返すだけで、一向に出来る気配がありません

遂に『○○○さーん、今来れますかー?』と、大きな声で先輩らしき人を呼んでくれたので

助かった・・と思ったのですが、その方は『行きます』との返事の後、がなかなか来ません

待ち切れない彼女が『もう一度やってみましょうか?』と、父さんに聞いてきたので

『先輩を待ちましょう』と、穏やかだけどハッキリと返答しました


やっと先輩の看護婦さんが到着し、選手交代で5度目が始まります

先輩がやっても、やはり同じようなタイミングで管が止まりましたが

何事も無かったかのように『お腹を押して、そう・そう』と彼女に指示を出します

その直後に激痛が走り、『やったー入った!』と、彼女のいつもの元気声がして

無事に管が膀胱まで達したと分かりました(無事と言って良いか?)


経験の少なさを隠すどころか、逆にアピールして相手を諦めさせる(?)あたりが

何とも大胆な新人看護婦さんですが、作戦なのか天然なのか

父さんは3:7で、天然と思っています


見事に実験台にされたわけですが、この話をカミサンにしたところ

『病院も人を選んでいるのよね』と言って、以下の考えを示しました

『今回の件は偶然では無く、病院側も新人の彼女に経験を積ませるには

どのような年齢・性別の患者が良いのか、考えた末の選択だったと思う』


なるほどね、父さん達は、若い女性に寛容で辛抱が出来る年代すからね(笑

そんな彼女が早く1人前になる事を、心から願って退院しました

※こんな締めのコメントを残す事自体、病院側の見立ては正しいと思われます(汗


キャプチャ.JPG



nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。