So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

年末調整【サラリーマンにとって便利だが本当は怖い仕組みに思える】 [ビジネス]

20151121_241.jpg


法人主の一面もある父さんに、税務署から年末要請の書類が届きました

サラリーマンなら、毎年12月頃に記入する、あの緑文字の用紙です

給料から天引きされる源泉徴収から、払い過ぎた分または不足分を

精算するのが年末調整ですが、大半の人はお金が戻って来るので

冬のボーナスと合わせて、年の瀬のお楽しみとも言えます


収入が『給与所得』だけの人は、原則として税務署への申告(確定申告)が

不要になっている制度は、海外では珍しい部類に入ります

一見して納税者にとっては便利な方法ですが、その反面として

自分がどれだけの税金を払っているのが、関心が薄れる側面もあると思います


サラリーマンの方で、去年支払った所得税や住民税の金額を、サッと言える人は

一体どれくらいの割合でしょうか? 『税金、高いなぁ』程度で終わっていませんか?

父さんも毎年確定申告をするようになるまでは、まったく気にした事もありませんでした

それが確定申告となれば、自分の収入と支出(主に社会保障費)の把握と

支払う税額の計算が必要となるので、否が応でも税に関心が出ます


自分の財布から出ていく消費税や自動車税等は、とても切実に感じますよね

それが所得税や住民税では、ほとんど払った感覚が持てないような

そんな不思議な仕組みが、日本には根付いているんですね

給与天引きと年末調整は、便利だけと税の無関心を誘う、両刃の剣に思えます


キャプチャ.JPG



nice!(0) 

nice! 0